あなたのセフレ探し、間違ってます。

出会えない系にいくつ登録しても出会える確率はゼロに近いです。サクラに搾取されるのが現状です。
本当に信頼できる出会い系サイトを使いましょう。

  • 10年以上の運営歴を持つ
  • 会員数が100万人以上いる
  • 料金制度が明快

これらの条件を満たす出会い系サイト『ハッピーめール』を利用すればセフレを作るのは簡単です。
登録者数が1000万人を超えた巨大出会い系ならではの、出会い易さ、使い易さを是非体験してもらいたいと思います。

セックスフレンドは一種の契約

セックスのみを楽しむ間柄、セックスフレンド。昨今はセフレの通称で知られ、ハッピーめールを中心に盛り上がっています。
しかしセックスフレンドの意味をはき違え、トラブルメーカーと化している男女も珍しくありません。これからパートナーを探すのであれば、下記ルールをご一読ください。

  • 関係は対等である
  • 男女いずれかが優位という関係ではありません(プレイの一環としての主従関係を除く)。互いは常に対等であり、相手を尊重することが大切です。

  • 同意なく特殊なプレイに持ち込まない
  • SMをはじめ特殊なプレイは、相手の同意を得てから行います。一方的な押し付けはトラブルのもとになるだけでなく、関係そのものを破綻させます。

  • プライベートに干渉しない
  • セックスのみを目的に結んだ関係なのですから、それ以外に干渉してはいけません。セフレは、仮名も含む『呼び名』と『連絡先』の二つがあれば十分に関係は成立します。

  • 恋をしてはいけない
  • セフレとのセックスは、肉体的な快楽に絞ったものです。精神的な快楽を求めることはルール違反であり、トラブルを招きます。そのため、恋愛感情は御法度です。愛情たっぷりのセックスをしたいのであれば、普通の恋人をつくりましょう。

付き合いの感覚としては、ドライ過ぎるくらいで構いません。それこそ『一定の条件下で発生するイベント』に参加する、ゲーム感覚でOKです。

セフレから経験値を稼ぐ

セックスフレンドは、セックスのみを楽しむ間柄を指します。異性間で結ばれる関係とは限らず、同性と楽しむ人も珍しい存在ではありません。

セックスは、生きていく上で欠かせない行為であり、また欲求です。溜め込めば、それに比例に何かしらの悪影響を受けます。

例えば、ストレス。独身・既婚に関係なく、セックスのない生活は大きなストレスを生みます。どちらかといえば、目の前にパートナーがいながら行為に発展しない既婚のほうが、ストレスが大きいでしょうか。事実セフレサイトを覘くと、セックスレスを原因にセフレを探す既婚者が目立ちます。

また逆に、パートナーとの行為は頻繁にあるにも関わらず、セックスの経験値を稼ぐためにセフレを求めるケースも存在します。テクニックを磨き、パートナーにさらなる悦びを与えたいというのです。

確かに、これには一理あります。セックスは経験がものをいう行為であり、場数を経験するほど上達します。性に対しての抵抗が薄れつつある昨今は、セックスの腕前が評価項目のひとつとなっており、所謂“もてる人”の判断規準としても用いられます。

もてる人のテクニックは、随所から愛情を感じることが出来ます。また愛撫から愛情を感じ取るテクニックも備えています。こうした上級者とのセックスは、愛はないにも関わらず深いものです。セックスが好きであるなら、この域を目指してみませんか?

セフレ獲得はスピード勝負

インターネットを利用できる環境があれば、容易にセフレを探すことが出来ます。

ハッピーめールはもちろん、昨今はセフレ探しに特化した専門サイトも登場しています。男性は有料、女性は無料とする料金システムが殆どですが、新規登録の際に“無料ポイント”を受け取れるサイトも多いです。

登録が完了したら、まずはプロフィールページを設定しておきましょう。プロフィールページは意外と閲覧率が高く、設定の有無で、異性からの接触率は大きく変動します。

メッセージ交換ないしメール交流に持ち込めたら、あとはひたすら“スピード”で攻めます。何故ならいずれのサイトも男女比率は8:2であり、多数のライバルを蹴落とすことが関係成立の必須条件です。

のんびりと返信していては、ライバルに先を越されてしまいます。つまり素早い返信を繰り返すことで、ほかのアプローチに気を取らせないようにするわけです。

とはいえ、無暗に返信すればよいものでもありません。メッセージの内容をしっかりと理解し、相手が求める情報を的確に送信しましょう。また無用な雑談はしたくないというセフレも多いので、その都度、臨機応変に対応してください。

セフレ希望者が増加中

ハッピーめールやセフレ専門サイトのみならず、昨今は一般的なSNSでも『セフレ募集』を匂わす人を目撃します。またスマホゲームのフォーラムが出会い系と化していることも珍しくはなく、ここからも人々の欲求を窺い知ることが出来ます。

セフレは、確かに便利な関係です。恋人のようにご機嫌取りをする必要なく、したい時にしたいことを楽しむことが出来ます。しかしながらデメリットもあり、必ずしもセフレ>恋人の構図にはなりません。

  • 淡白過ぎる関係
  • セフレから得られるものは肉体的な繋がりのみです。精神的な繋がりはないため移り気が起きやすく、ある日を境に突然連絡が途切れることも珍しくはありません。

  • 愛情は皆無の行為
  • セフレとのセックスは快楽のみが追及されます。恋人同士のような、愛情の籠ったものは期待できません。そのため肉体的な欲求は満たせても、精神的に満足できないことも多々あります。

  • 性病の危険性
  • 複数の異性と関係を持てば、それだけ性病の危険性が高まります。出来るだけコンドームを着用することはもちろん、定期的な検査を推奨します。

上記をデメリットと取るか、メリットと取るかは人によります。いずれの場合も暗黙のルール(私生活への干渉NG)を守り、対等の関係を築くよう努力しましょう。

おすすめはセフレ専門サイトの『ハッピーめール』の利用です。
完全無料で利用できるサービスも登場しており、マンモス級サイトは100万人近い会員で賑わっています。

充実した性生活はセフレから得る

精神的・肉体的な悦びを、ひとりの異性で満たすことは難しいです。価値観をはじめ精神面ではバツグンの相性であっても、セックスの相性は散々というカップルや夫婦も、実は珍しくありません。

セックスのみを目的とした間柄『セフレ』が流行する背景には、このような切実な事情も関係しているといわれます。もちろん、純粋にセックスが好き!セックスがしたい!という人がいることは事実です。

いずれにせよ、目的が一致している以上は良い関係を結べます。昨今はハッピーめールだけでなく、セフレ検索に特化した専門サイトも人気です。無料で利用できるサービスも多いので、気になる方は利用をご検討下さい。

セフレ候補またはセフレとなった異性と交流する際には、プライバシーの取扱いに注意しましょう。お互いの生活には触れず、あくまでも“セックス”のみで繋がる関係を維持します。

出会い系サイトでは一般的の『継続したメール交換』は、必要ありません。セフレは、いつ・どこでするかの事務連絡だけで関係の継続が可能であり、この手軽さからも流行の背景にあるのではと推測されます。

独身であれ、既婚であれ、性生活に不満があるのならセフレという選択肢もご利用下さい。